2011年02月07日

一人暮らしの食費の節約はムリせずに

前回のエントリーで一日300円の食費で生活している人の話が出て
「一人暮らしで若いうちは節約で食費を削りがちだけど体壊すよー」と言う話をしました。
節約でムチャをするなら自炊でもしたほうがいいよと。

結局食事はお金を使って食べるか、食費節約でお金を使わないで「それでもそれなりの物を食べる」のなら代わりに手間がかかるよという事です。
でも手間と言ってもたいした事でもありません。

例えば玉ねぎと豚肉を買ってきて、玉ねぎ半分を適当に切って豚肉と炒めて塩こしょうとしょうゆをかけて味付けしてご飯に乗せればりっぱな豚丼が出来ます。
一人暮らしの男性でもこれくらいなら簡単。

野菜は今高いですが、食費としてはそれでも玉ねぎ一個で40〜50円くらいです。多分東京のど真ん中のスーパーの値段ですから、ほかよりも高いと思いますけどそれくらい。
豚の切り落としが100g130円くらい、安いときで98円とか。
300gくらい買ってきて5・6回に分けて使えば一回50円くらいです。

一食の食費70〜80円でそれなりのおかずになります。かなりの節約。
味や見た目は自分が食べる一人暮らしだとそんなに気にしないでしょうし。
コンビニ弁当の500円買ってくるよりも節約できておかずとしては食費100円弱でボリュームがあったりします。
一人暮らしの人ならこの差はけっこうでかいはず。

これがもう少し、にんじんとキャベツと他に青物もう一色くらい入れて、野菜3・4種類の物を作ったら食費150円くらいでけっこうなボリュームの肉野菜炒めが出来たりします。
炒めずに全部煮て味噌を溶けば丼いっぱいの具沢山豚汁になっちゃいます。
それだけでお腹一杯になるくらいの量があります。
もちろん野菜を取ってるし肉もあるし、栄養がちゃんと取れて節約もできます。

料理と言うと一人暮らしの若い人、特に男性だとめんどくさいと思ってしまいますが、意外と適当でも出来るものです。
節約するなら食費が削れて安いだけじゃなく、その辺の弁当よりも栄養があってボリュームが増しますから、料理をしない若い人でも節約するなら「ちょっとやってみるか」と試してみてほしい。
体のためにはそっちのほうが絶対にいいので。
posted by つかつか at 20:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。