2010年12月24日

つけた家計簿を節約に繋げる

前回家計簿の話をして、お金のインとアウトが分かるようにしました。
このお金の特にアウト、つまり出の部分が把握できたら見えてくることがあります。

まずは見たかった食費と雑費と交際費を見てみます。
すると思ったよりも使っているものが見えてきます。

いつも余計なものを買っていてトータルでこんなになっていた、食費は思っていたよりも多かった、遊ぶお金を使いすぎていた、などなど分かってきます。
それが分かってくればそこを節約する事になります。

例えば食費を5千円節約しようとなったら、今の使い方から「いつも買っているアレを買うのをやめにしよう」などどうするかを具体的に考えられます。

また一ヶ月でいくらと予算を決めれば、毎週どれくらい使えばいいのか、日々どれくらい使えるかも見えてきます。

もちろんもう節約していて、この項目はもうこれでいいからこのペースを守ろうっていうのも出てくるはずです。
節約する部分と、このままでいい部分が分かれば漠然と節約しようとするよりも具体的なやり方が見えてくるわけです。

飲み代を毎週何千円までにするとか、昼食はいくらまでとか、毎日3本買っているジュースを2本にするとか、そういった目標や具体的なしぼるところを決められます。


ただ若いうちの1人暮らしだと、どうしても節約は食費中心になって遊ぶお金を捻出したりします。
これはやりすぎると健康面でよくありません。
栄養面はよく考えて食費を削るのはほどほどにして、ちゃんと普段の必要な栄養素は取れるようにしないといけません。

あくまで削るのは無駄な部分、余計な部分ですから。
遊ぶお金を少し我慢して食事を取ることも大事です。


タグ:家計簿 節約
posted by つかつか at 19:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。